お寺の紹介

蓮久寺別院は神戸の小さな貧乏寺です。
住職は在家出家で平成23年に神戸の地に小さなお寺を開きました。
当初は檀家も一軒もなく木箱の上に日蓮聖人と大黒天様を勧請し仏具は知り合いの寺院が処分する仏具を頂きました。
観光寺院の様な立派なお寺では御座いませんが、
縁のある方が集まり何か出来る事があればと皆様の御支援で少しずつですが、何とかお寺らしくなりました。
当院に集まる皆様の思いが、いっぱいに詰まったみんなのお寺です。

どんなお寺?

当院は観光寺院の様な立派な伽藍でもなければ歴史もないですが常に笑いがあります。
お寺に行くと言うと「法事?」「何かあったの?」と聞かれますが
当院は「笑いに行く」「遊びに行く」という方が多く、
また非常に若い方達が、毎日の様に遊びに来られ常にお寺からは、笑い声が絶えません。
人生笑って過ごせたら、人生楽しかったと死ねたらと誰しもが願い求める事ではないでしょうか?
多くの方が『人生爆笑』『七福即笑』を求めに来られ笑いのある楽しい人生と今を授かりに来られます。
笑いの集まる所には必ず福が集まります。
皆様の心の灯となる神戸の街の小さな灯台になればと思います。